いい肌は睡眠から

睡眠不足になると、肌が乾燥したりトラブルを起こしたり、目の下にクマができたりと困ったことがたくさん起こります。 いい肌や美容のためには、質のよい睡眠がかかせません。 成長ホルモンがもっとも分泌されるのは、夜の10時から夜中の2時といわれていましたが、最近では入眠してから3時間から4時間後にもっともホルモンの分泌ができるとの説が有力です。 成長ホルモンは、成長期のこどもの身長を伸ばすホルモンというイメージがありますが、このホルモンは美肌や新陳代謝をよくするためにも必要なものです。しっかりと寝て成長ホルモンを分泌させることで、からだ全体が健康になれるのです。 また、睡眠をしているときには、リラックスして副交感神経が優位になります。そうすることで血流量が増え、栄養がからだ全体におくられます。 美容のための質のよい眠りには、ゆったりとお風呂に入ってリラックスをし、寝る1時間前からはテレビや携帯電話の画面、パソコンの画面などの刺激を控えるようにします。