化粧をしない日を作るだけ

健やかな肌、美しい肌、これらを追い求めて美容道を邁進するのが多くの女性ですね。 そのために、毎日スキンケアやメイクからはじまり、食べるものや睡眠時間まで、きちんと自分の生活をコントロールする、そういう方も多くいらっしゃるでしょう。また、スキンケアにおいても、厳しい目で選んだ製品を使い、美顔器でエイジングケアし、時にはサロンに通う、そんな努力で自分を磨くということを追求されている方も。 美容というのは、積み重ねですから、確かに毎日のお手入れやお化粧をおろそかにしたくないかもしれませんね。 しかし、お肌というものは繊細なものであると同時に、自己の修復力やバリア機能なども持っていて強さもあるのです。ですから、時には何もしないでおく、という日を設けてあげるのも、美容のための近道だったりするのです。 お化粧をするときのことを思い出すと、どれほどお肌に物理的刺激を与えているか分かるでしょう。化粧水を馴染ませるところからはじまり、ファンデーションを伸ばし、パウダーをはたき、しっかりとアイメイクをし…と結構な刺激です。 これだけではありませんね。クレンジングにおいても、メイクを落とし、さらに洗顔料で洗う、というダブル洗顔。これを続けると、肌の負担はかなりなもの。たまには息抜きさせてほしいと感じているかもしれません。 そこで、週に1、2日ノーメイクデーを作ってあげるという提案です。まず肌への物理的刺激が格段に減ること、そしてファンデーションやコンシーラーなどで毛穴をふさいでしまうことからの解放があります。 さらに、スキンケアの簡略。ノーメイクであれば、洗顔も神経質にならず、サッと汚れを洗う程度にとどめることができます。そして化粧水やゲルを塗る程度のスキンケア。自らの皮脂を分泌させてやります。皮脂は天然の美容液とも言われたりします。その保湿力は高く、栄養豊富なクリームを塗るよりも馴染みが良いほどです。 このように手間をかけないことによって、肌の負担を減らし、肌本来の力を引き出すこと。これは頑張らない美容法です。

化粧品の刺激がない日は肌に

化粧品の使い方についてこだわりを持っている日本人女性は、全国に大勢いるといわれていますが、時としてこうしたアイテムを使わない日を設けることによって、肌への刺激を少なくすることができます。インターネット上では、美容法について色々な情報がピックアップされる機会が増えてきており、スキンケアについて多少なりとも関心を持っている場合には・・・・

 → 続きはこちら